各種ICTシステムと連携

 

例) 侵入検知連携 TCP通信により侵入検知サーバーからメッセージを受け取る。 データーフォーマットはXMLで記述し、専用ツールで定義します。

上記はレガシーSerial通信(RS-232C RS-485 RS-422など)でもサポートされます。 この機能はOMNICASTのオプションプラグインであるIODEPでサポートされます。

GSC (Genetec Security Center)対応バージョンは2014年中にリリース予定です。GSCではRESETful APIによりWEB親和性が最大限向上します。

設定ファイル iodep.ini の「IODEP. signalDefFileDir」で指定されたディレクトリ直下に、設定ファイル中で「フォーマット名」として決めた名前+拡張子「sdx」のXMLファイルを作成します。

SDXファイルの内容は以下の通りとなります。例としてファイル名は「sample.sdx」とします。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>

<signaldef name="電文フォーマット定義サンプル">

    <beginning>[</beginning>  <!--電文の開始文字列 -->

    <ending>]</ending>  <!-- 電文の終端文字列 -->

    <delimiter>#</delimiter>  <!-- 電文の記号と引数をわける区切り文字列 -->

    <signals>

               <!-- 発生コード"A"の引数種別と、ConfigMakerアプリケーションで表示する名前-->

               <!-- 引数の種別は「number」または「ascii」です。

            <def signal="A" argtype="number">出来事1</def>

            <def signal="B" argtype="number">出来事2</def>

            <def signal="C" argtype="ascii">出来事3</def>

    </signals>

</signaldef>

上記のような設定ファイルを置くことにより、TCPサーバは例えば

[A#100]

のような文字列を受信したときに

発生コード=A

引数=100

のシグナルとして解釈するようになります。

また、このファイルを設置することにより、ConfigMakerアプリケーションで「電文フォーマット定義サンプル」という名前のシグナル受信デバイスが選択できるようになります。